きよの株式投資アカデミア

株式投資を講座しています。老後に向けて資産運用を一緒に考えましょう。

新規公開株【KIYOラーニング】の分析

 

こんにちは、きよです。 

今回はIPO【KIYOラーニング】の分析です。

IPOは値段が高くつきやすく、分析を怠りがちになるので今後は積極的に取り上げて一緒に勉強していこうと思います。

まずは同じ名前のきよを取り上げてみたいと思います(笑)

 

【事業内容】

個人向けオンライン資格講座の会社です。

法人向けの社員教育オンラインサービスも2017年より開始しています。

・個人向けオンライン資格講座「STUDYing」

・法人向け社員教育クラウドサービス「AirCourse」

 

※現在は個人向けの売上げが95%です。

 

f:id:wb-investor:20200726070042p:plain

 

【沿革】
2008年:社長の綾部氏が個人事業として「通勤講座」中小企業診断士講座、運営開始

2010年:「KIYOラーニング株式会社」として法人化

2012年: マルチデバイスでの学習に最適化した「新ラーニングシステム」リリース

(宅健、司法書士、税理士、行政書士、簿記、司法試験などなど)

2017年:社員教育クラウドサービス「エアコース」リリース
2020年:TOEIC講座スタート

2020年:AIがあなたの学習計画を作成する「AI学習プラン機能(ベータ版)」リリース

※まだ10数年の新しい会社ですね。

 

【社長の経歴】

f:id:wb-investor:20200726095104p:plain
日本オラクルで、教育事業に従事しているのがバックグラウンドとしてあるようです。

2008年の週末起業から2020年には上場させる手腕は見事ですね。

 

※上場後の綾部氏の保有株数は42%です。

f:id:wb-investor:20200726090457p:plain

 

【会社の売上状況】

2015年:売上8500万

2019年:売上8億3500万

 

※5年の間に売上10倍と急成長中です。なお、2020年の会社売上予想は14億と大幅増収を見込んでいます。

f:id:wb-investor:20200726071912p:plain

 

【会社の財務状況】

 

【資産】

流動資産:7.1億円

固定資産:1.3億円

=資産合計:8.4億円

【負債】

流動負債:7.5億円(前受金5.7億)

固定負債:0.6億円

=負債合計:8.1億円

  ※受講料は一括受取で、受講期間で案分して売上を立て、売上に立たないものは前受金(負債)として計上するとしています。

現代風のアセットライトなビジネスモデルで財務体質も悪くありません。

 

【会社の成長性】

 

【市場規模】

資格取得学校市場2019年:1810億(スクール型+通信型)

語学スクールの市場        :2100億(大人向け)

コロナの影響で今後はスクール通いがオンラインに移る事が予想されます。

市場規模はそれなりに大きいのでシェアをどれだけ取れるかにかかってきますね。

※海外向けも力を入れていくと会社資料にありましたがそちらは未知ですね。

 

【今後の売上成長予想】

 

KIYOは利益はまだあまり出ていませんが、有料会員や売上の伸びを見ると広告を打てばまだまだ伸びるというフェーズであることが伺えます。

 

f:id:wb-investor:20200727055902p:plain

 

 

下記の【現金ベース売上高】を見ても四半期で前期比80%増と大きな伸びを見せています。

四半期の業績を見ていくと下期偏重であることも分かります。これは主力資格サービスの試験日の関係で下期に売上が偏るようです。

四半期決算の数字の出方は今後KIYOを追う上で理解しておきたいところです。

f:id:wb-investor:20200726122544p:plain

 

【ロックアップ】

※ロックアップとは一定期間株の売却が出来ない契約の事です。

新規上場から経営陣は180日間、ベンチャーキャピタル(VC)は90日間売却禁止などはよくみるロックアップです。

ただしVCには1.5倍ルールが付与される事がほとんどです。1.5倍ルールは下記で説明します。

f:id:wb-investor:20200726135237p:plain

やさしいIPO株のはじめ方参照

上記の株主構成とロックアップの状況を見ると、VC群には90日間のロックアップがあるものの公開価格の1.5倍を上回る株価では売却可能なルールが付与されています。

公開価格2300円なので、3450円以上はVCのロックアップ解除売りが降ってきます。

7/15の初値が5360円~7/22現在4195円。この間一度も3450円は割っていません。

また、7/15~7/22の期間に600万株程の出来高があり、上記株主にあるVC群の株数は合計50万株程なので、ほとんどのVCが売り抜けたのではないかと予想される。

初値が高く、しかもVCがこれだけいる為、上値が重い展開が続いたのも仕方ないと思われる。

 

【新規公開時の希薄化】

公募増資は30万株+売出し9万1千株(経営陣)

VCの売り同様、約40万株の利益確定売りが上値を抑えることになります。

こちらもIPO応募~初値利食い勢は既に売り抜けているでしょう。



【潜在株の状況】

役員向けストックオプションが10万2千株あります。

発行済株式総数2,145,000株の 約5%相当です。

 

7/22現在のファンダメンタル 

・時価総額90億

PER75 (会社予想ベース)

PBR260 

 

指標だけみると割高ですが、ここまで書いてきた通り、KIYOラーニングは現状広告を打てば打つだけ伸びています。

資格市場規模の大きさ、現状伸ばしてるシェアの速度を考えると売上が倍々で伸びていく夢を描ける会社であると言えそうです。

 社名のきよも親近感があるので頑張ってほしいです!

 

 

【当ブログでの注意事項】

ブログ制作には、細心の注意を払っておりますが、情報の正確性については一切保証するものではありません。

当ブログの情報に基づいて被った損害についても、一切責任を追うものではありません。 投資に関する決定はご自身の判断で行うようお願いいたします。

 

 

保有株の解説【TAKARA&COMPANY】

 

 こんにちは、きよです。 

 

今回は公開口座のPFの中で活躍している銘柄をひとつ解説します。

→ GMOを使った公開口座

 

TAKARA&COMPANY【7921】です。

この会社は上場企業の開示資料制作などを主な業務としております。

 

TAKARAの他にプロネクサスという企業も開示資料の制作会社ですが、シェアを大体二分しております。単純な理屈で時価総額は大体同じになりそうです。

しかし現時点ではTAKARA270億、プロネクサス360億と時価総額には結構な開きがあります。

私がTAKARAを購入した時点ではこの差はさらに大きくチャンスと判断しました。

◆2020年両社の実績 

・TAKARA        [7921] 営業利益22憶 当期利益15億

 

・プロネクサス[7893]  営業利益26憶 当期利益18憶

 

プロネクサスの方がたしかに稼いでいますが、それなりに近い数字であることも分かります。

また、TAKARAは翻訳事業に力を入れ始めたのは注目すべき所です。

 

TAKARAのセグメント別の売上高(事業別)

f:id:wb-investor:20200713111718p:plain

グローバル化が進み今後翻訳事業はさらなる伸びも期待できそうです。

TAKARAの購入タイミングは第3四半期決算の進捗率が80%と高く、決め手となりました。

四半期にブレのある会社ですが、第4四半期は決して弱い会社ではないので、会社の業績予想を上回ると判断しました。

実際に会社予想の営業利益19億に対し、実績は22億と上振れて着地し、これが好感されて株価は上昇中です。

 

※進捗率のプチ解説

会社は多くの場合、来期の決算予想を出します。これを投資家は参考にしますので、予想より良ければ上がり、悪ければ下がるのが普通です。

会社は年4回に分けて決算を発表し、これを四半期決算と呼びます。

会社の来期予想の利益が100とした場合、四半期にブレのない会社なら四半期事に利益は25ずつ増えれば平均です。ところが第1四半期決算でいきなり利益を50出したらどうでしょう?

この会社は今期は大幅に上方修正するかも知れないと大きなヒントになるわけです。

 

進捗率は【株探】というサイトで簡単にスクリーニングできます。

⇒ 【株探】進捗率一覧

いい時代になりましたねw

 

話は戻りますが、上場企業の情報開示は東証(適時開示)や金融庁(EDINET)によって義務付けされていますから、TAKARAやプロネクサスのような情報開示の手伝いをする仕事が急に減ることはありません。非常に安定したビジネスモデルと言えます。

 

TAKARAのポイント 

・会社予想に対し進捗率が高く注目出来た

競合に対し割安感がある

翻訳など伸びそうな事業にも力を入れ始めた

・仕事が安定的にあるビジネスモデル

 

 

【当ブログでの注意事項】

ブログ制作には、細心の注意を払っておりますが、情報の正確性については一切保証するものではありません。

当ブログの情報に基づいて被った損害についても、一切責任を追うものではありません。 投資に関する決定はご自身の判断で行うようお願いいたします。

 

 

老後2000万円必要ってホント?

 

 こんにちは、きよです。

 

今回は老後2000万円問題について解説していきます!

 

f:id:wb-investor:20200628162852p:plain

 

老後の暮らしには2000万円程度必要と政府の発表がありましたが、これには批判も集まり話題になりました。

国民の安全、安心を目指すべき政府が不安を増長させるような発表をしたことが問題になったのかなと思います。

しかし結論から言うと老夫婦の平均的な暮らしを基に作られた資料ですから、中身を見れば本質的にはおかしなことは言っていません。

 

政府発表の資料を見ながら老後の対策を一緒に考えていきましょう!

 

f:id:wb-investor:20200628155006p:plain

これがその老後2000万円の根拠になるデータ基です。

細かく見てもらうのも手間なのでざっくり収入と支出の内容を解説していきます。

 

広告

 

60歳以上夫婦の平均的な月収と支出

・月収は約20万円(年金+雑所得)

 

・支出は25万円(生活費約12万+その他13万円)

 

=年間支出マイナス60万×30年=1800万円位が必要になる

※老後30年の想定は平均寿命が90歳に近づいているからです。

 

支出25万円の内訳を分析

 

①「食費+家賃+水道光熱費など=12万円」

持ち家前提なので家賃が政府発表では1.3万円となっています。

食費は6.5万円とありますが、もう少し節約出来るでしょう。

田舎暮らしを想定すれば持ち家はなくても、家賃+食費で8万円は充分可能かなと思います。

水道光熱費+医療+衣類&家具などで4万円とありますが、まあそんなものですね。

生活費12万円は妥当でしょう。

 

②「交通費+通信費+娯楽+その他=-13万円」

ここは完全に人それぞれですね。

旅行好き、習い事好きならいくらでも消費できますよね。

しかし私の世代はテレビゲームも年を取ってもやるでしょうし、習い事は今やyoutubeなどを活用すれば、ほとんどタダで習えます!

 

正直全然お金を使わないで楽しく暮らせます(笑)

 

テレビゲームで毎月5千円。習い事はネットの通信費1万円のみ。

旅行を年に数回しても毎月5万円もあれば充分です。

私個人で見たらもう解決なんですよね。ちっとも老後怖くないです。

おじいさんのイラスト「老人と猫」

けれど旅行は沢山行きたいし、美味しいものも沢山食べたいという方もいての平均ですから、やはり2000万円あれば安心というのはこれもまた事実でしょう。

 

そして本題です

「老後までに2000万円準備する方法」を一緒に考えましょう

貯金がある場合、貯金がない場合の二つに分けて解説します。

 

①貯金がある場合

株式投資は長期間で見ると完全ランダムに銘柄を選んでも年間の平均利回りは+6~7%あると言われています。(過去ブログで解説⇒「株だから億を稼げる理由」 

 

300万円を元手に年率7%の利回りで複利運用すると30年で2000万を超えます(税前)

f:id:wb-investor:20200628155019p:plain

Ke!san参照

株式投資は短期的には大きな下落もしますが、長期で見ると平均的に儲かるというのは有名な話です。

個別企業で見れば当たりもあれば、外れもあるわけですからモチロン全員が成功するわけではないです。しかし、平均で見た場合300万円投資できる資金があれば、30年後に2000万円を準備することが多くの人に可能なのです。

イチかバチかの投資をする初心者は多いですが、腰を据えて長期で見れば焦る必要は全くないのです。

私の株塾での理念は出来る限り安全で確実なものに長期投資できるようになってもらうことです。

  

②貯金がない場合 

貯金がない自分には無理だとあきらめるのは早いです。

毎月積み立て型の投資も継続すればその破壊力絶大です!

毎月1.7万円投資を続け、年率7%で運用出来ればやはり2千万を超えています。

f:id:wb-investor:20200628155010j:plain

楽天証券参照

もし毎月貯金だけで2000万円を準備しようと思ったら毎月5万円が必要になります。

株式投資を学べば半分以下の1.7万円で可能になるわけです。

1.7万円なら支出を減らす工夫次第で急に現実的な話になってきたのではないでしょうか?

自分の場合ならスポーツジムに勢いよく入ったはいいけど結局ほとんどいかず毎月1万円払っているものを解約したり、飲食代を一日200円節約すれば可能になります。

また、時給を今より200円程あげる事を考えてもいいかもしれません。

 このように理詰めで準備していけば老後も恐るるに足らず、です!

 

そしてなんと言ってもいきなり定年後に年金を運用するのは危険です。

社会人の時から老後までの期間、長期投資を学んでおけばその後も継続して複利の利回りを享受することが出来るのです。

 

※現在30歳ぐらいの方を想定した内容です。

ご自分の年齢に合ったシュミレーションも一度してみると面白いと思います。

複利計算サイト⇒https://keisan.casio.jp/exec/system/1248923562

積立計算サイト⇒https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/simulation/

 

youtubeではさらに詳しく解説しています↓

https://www.youtube.com/watch?v=x1ezgd-iki8

 

広告

 

今回のポイント  

・老後2000万円は多少の贅沢をするならたしかに必要

 

・貯金があってもなくても時間をかければ誰にでも2000万円の準備は可能

 

・運用経験を蓄えておけば老後も継続して株式投資の高い利回りを享受できる

 

【当ブログでの注意事項】

ブログ制作には、細心の注意を払っておりますが、情報の正確性については一切保証するものではありません。

当ブログの情報に基づいて被った損害についても、一切責任を追うものではありません。 投資に関する決定はご自身の判断で行うようお願いいたします。

 

 

コロナで明暗を分けた飲食業界を解説!

 

 こんにちは、きよです。 

 

コロナで大ダメージを受けた飲食業界ですが、実はこんな中でも売り上げを伸ばしている会社もあります。

コロナの第二波がないとも言えません。飲食業界の明暗を学びましょう。

 

まずは売上を伸ばした会社3社ご紹介

 

日本KFCホールディングス(ケンタッキーフライドチキン)

月次推移

f:id:wb-investor:20200618182834p:plain

100%が基準なので売上ベースで20%も伸ばしていますね。

内容としては客数ではなく客単価、つまりたくさん買ってくれるお客が増えたのですね。元々KFCは持ち帰りや、デリバリーの比率が高く日頃からの経営方針と自宅で食べるというところがマッチしました。

 

 

日本マクドナルドホールディングス

 月次推移

f:id:wb-investor:20200618183230p:plain

0%が基準です。売上は1~5月まで全て前年を超えています。

客数は減っても客単価、つまり買ってくれる量が増えていることが見て取れます。 

 

 

モスフードサービス(モスバーガー)

月次推移

f:id:wb-investor:20200618183512p:plain

 

上記二社と同じ傾向で、客数が減った分を客単価で補っていますね。

 

この三社は軽く食べていくお客さんが減った代わりに家族などで食べるニーズを上手く捉えた事で、客単価を伸ばしたようです。

 

◆コロナ禍でも売上を伸ばした三社 

・日本KFCホールディングス      証券コード9873

 

・日本マクドナルドホールディングス 証券コード2702

 

モスフードサービス        証券コード8153

 

 

売上が落ちてしまった飲食業を4社ピックしましょう(上記三社以外は残念ながら大体落ちています)

 

 

サンマルクホールディングス(サンマルクカフェ)

f:id:wb-investor:20200618184825p:plain

2020/2までは影響がなかったものの、4~5月は売上を80%も落としてしまっています。

自宅で食べる需要とマッチせず、店舗休業も響きました。

6月から全店営業再開とあります。サンマルクのパンが私は好きなので、ここからの切り返しを期待します。

 

 

すかいらーくホールディングス(ガスト、バーミヤン、ジョナサンなどが主力)

f:id:wb-investor:20200618190054p:plain

やはり4ー5月が50%ほど落ちています。客単価は上がったものの、客数減少が大きすぎました。

今後はテイクアウトにも力を入れていくとあり、宅配サービスは前年比30%増加しているとリリースにありました。規模が大きい会社なので対応できればテイクアウト、宅配の需要は大きそうです。

 

 

鳥貴族

f:id:wb-investor:20200618191402p:plain

4-5月は90%の減少となり、居酒屋は本当に厳しい状況であることが伺えます。

私も気軽に入れるお店の雰囲気が好きでよく利用していましたが、このような状況でどのように立て直すのか難しいところですね。居酒屋の今後の戦略には注目していきたいと思います。

 

 

ペッパーフードサービス(いきなりステーキ、ペッパーランチなどが主力)

f:id:wb-investor:20200618192131p:plain

月次推移を見る限り、コロナ以前から前年比20%以上の減少が見られます。

店舗を拡大させすぎため、系列店舗でお客の取り合いになってしまったとあります。勢い余ったと言ったところでしょうか?

流動資産(現金にしやすいもの)に対し流動負債(返済期限の短い負債)が多く、また営業キャッシュフローがマイナスになってしまったことから疑義注記(会社の存続が危うい)がついています。

6/18各種報道によれば主力のひとつであるペッパーランチを100億円で売却を目指すともあります。

ペッパーランチの月次推移を見てみましょう。

f:id:wb-investor:20200618194325p:plain

 

月次を見る限りいきなりステーキが下降を描く一方で、ペッパーランチは成長性を見せています。ペッパーランチの売却は生き残るための苦肉の策であることが伺えます。

100億円での売却が実現すれば財務は改善されますので、出店がいきすぎたステーキ事業を再編することで復活は見えてくるのでしょうか?

個人投資家に人気のある銘柄だけに注目が集まっています。

 

youtubeではさらに詳しく解説しています

https://www.youtube.com/watch?v=v5HpacnOsSw&t=2s

 

広告

 

今回のポイント  

・テイクアウト、デリバリーが主力だった会社は客単価が伸びた

 

・居酒屋、カフェなど店舗型は特に大きなダメージを受けた

 

・今後の飲食店は環境の変化に合わせて経営手腕が問われる

 

 

【当ブログでの注意事項】

ブログ制作には、細心の注意を払っておりますが、情報の正確性については一切保証するものではありません。

当ブログの情報に基づいて被った損害についても、一切責任を追うものではありません。 投資に関する決定はご自身の判断で行うようお願いいたします。

 

 

伊藤園の株を3倍安く買う裏技!

 

 こんにちは、きよです。 

 

今回はあの「お~いお茶」で有名な伊藤園を3倍安く買う裏技をご紹介します!

 

結論から言いますと伊藤園株には「伊藤園」のほかに「伊藤園第1種優先株式」というものがあります。名前は長くて何やら難しそうですが、話しはシンプルで

伊藤園第1種優先株式を買うだけで3倍お得になります。

 

「そんなめちゃくちゃな話ある?」と思いますよね。私もそう思います(笑)

なぜそのような不思議な事が起こるのか、ここからは一緒にこの謎に迫りましょう。

 

 

 

【まずは伊藤園と伊藤園第1種優先株式の株価を比べます】

◆2020年6月の株価 

・【伊藤園】       ¥6000円 証券コード2593

 

・【伊藤園第1種優先株式】¥2100円 証券コード25935

 

約3倍近い株価の差があります。まったく性格の違う銘柄であれば株価で比較するのは無意味ですが、実はこの二つはそのまま株価で比較することが出来ます。

なぜなら、1株配当はなんと優先株の方が1.25倍多いのですから。

 

 

 

【株価は三分の一で、さらに配当が多い。どうなるのか利回りで比べてみましょう】】

伊藤園は直近の年間配当は40円です。

◆伊藤園1株配当40円での比較 

・【伊藤園】       ¥6000円 配当40円 =利回り約0.7%

 

・【伊藤園第1種優先株式】¥2100円 配当50円 =利回り約2.5%

 ※第1種優先株式は普通株の1・25倍貰える=40円×1.25=50円

 

株価は3倍近い差がある上に、一株配当は優先株の方が多いのでなんと利回りに三倍以上の差がつきました!

もはや完全に意味不明な現象が起きています。

 

 

 

【さらに主婦の味方、優待も同じ待遇を受けることが出来ます】

 

f:id:wb-investor:20200612074701p:plain

普通株または優先株の保有株数に応じて貰えるとあります。ここでも優先株にデメリットはありません。

むしろ普通株6000円×100株=60万円で1000円の製品が貰えるのに対し、

優先株は2100円×100株=21万円で1000円の製品が貰えるので断然お得です!

加えて、会社が解散する時に純資産を株数に応じて分配する「残余財産分配権」も同等の権利を有します。

※一つだけ優先株のデメリットとして挙げられるのは議決権がないことです。しかし株主総会に行って意見を言う個人投資家は稀ですから、ほぼ関係のない話しと言っていいと思います。少なくとも議決権の為だけに3倍の値段を出して株を買うという事は普通はしないでしょう。

 

 

 

【ここ10年の株価も比較してみましょう。(優先株は2007年に上場)】

 

伊藤園の株価2011~2020

2011年には2000円以下だったのが現在では6000円まで上昇。

f:id:wb-investor:20200612074926p:plain

 

優先株の株価2011~2020

2011年に1000円でこの時点でも普通株との差はかなりありますが、2020年には2100円で普通株との差はついに三倍近くにもなりました!
f:id:wb-investor:20200612073954p:plain

 なぜ普通株だけグングン上がったのか?

これは投資信託などの取引ルールによって、優先株が買えないからだと思われます。

機関投資家はお客のお金で同じ価値の商品を三倍で買っていることになります。ルールだから仕方ないのはその通りですが、ここから得られる教訓があります。

 

【株式投資は人に任せないで自分で選んで買いましょう!】ということです。

きちんと勉強すれば、ルールによって縛りのある機関投資家よりも個人投資家のほうがずっと有利であることが分かる良い例だと思います。

 

結果論として見れば、普通株の方が上がったのだから値上がり益を目的だけに見れば、普通株が勝ったのはたしかです。

しかし投資の本質は長期的には企業が出した利益から得られる配当が主たるものになるのですから同じものなら安い価格で買わない理由はありません。

また、この先を見据えるなら割安な優先株の方が何か悪いニュースが出ても下落する幅が小さいのはファンダメンタルズ(本質的価値)で見れば自明なことです。

 

youtubeではさらに詳しく解説しています

伊藤園を3倍安く買う裏技!

 

広告

 

今回のポイント  

・伊藤園株には二種類あって、普通株と優先株が存在する

 

・優先株は普通株よりも配当が1.25倍多い

 

・2020年6月現在はなぜかメリットの多い優先株が半分以下の価格で買える

 

 

【当ブログでの注意事項】

ブログ制作には、細心の注意を払っておりますが、情報の正確性については一切保証するものではありません。

当ブログの情報に基づいて被った損害についても、一切責任を追うものではありません。 投資に関する決定はご自身の判断で行うようお願いいたします。